コンビニコーヒー

コンビニコーヒー

コンビニコーヒーは大激戦

コンビニコーヒー

コンビニ各社がコーヒー販売を強化する理由は、缶コーヒーを飲まない女性の獲得や、たばこに代わる継続買いの新規客層集客商品としてコーヒーに期待しているためです。

現時点で、サービスの提供形態や価格などは、コンビニ各社で差があります。

サービスや味の違いなど、コンビニコーヒーの今後の展開に注目です。

顧客のライフスタイルや立地を考慮したコンビニコーヒーの競争は、今後ますます激化するでしょう。

コンビニコーヒー 各社の戦略

ローソンは、コーヒー事業「MACHIcafe(マチカフェ)」を発足させ、試験的に導入していた900店(3月末時点)から2012年度末までに2500店へと一気に拡大する戦略です。 ローソンのサービスはセルフ式ではなく、スタバ同様に販売スタッフが提供するスタイルです。

ミニストップは、セルフ方式のコーヒーを全店約2100店に導入済みで、1店舗の1日当たりの販売数量を現状の約40杯から60杯に上げる目標を明らかにしています。

サークルKサンクスは、3月末時点で約5000店でセルフ式コーヒーを提供しており、2012年8月までに全店(約6200〜6300店)に導入する計画です。

セブン−イレブン・ジャパン、ファミリーマート、スリーエフもそれぞれのスタイルでコーヒー販売に力を入れていく方針が出ています。


参考:日経トレンディ2012年5月号

日経トレンディ2012年5月号


日経 TRENDY (トレンディ) 2012年 05月号 [雑誌]


リンク集

BBクリームランキング最新版

素肌美人

光目覚ましPER3

ミネラルウォーター

自転車

腕時計

ウイッグ

ドレス

女性スーツ

なんでもショッピングサイト

チケット

長財布 ココマイスター



元気ショッピングナビ

  • SEOブログパーツ
track feed コンビニコーヒー
コンビニコーヒー トップへ戻る